一人稽古のポイントについて Part2(動画掲載)

前回の続編となります。 コロナ自粛要請が続き、通常の稽古がままならない剣士の皆さんに、小林英雄範節士八段(神奈川県剣道連盟会長)が素振りに関する重要なポイントを再び解説します。演武者は、安藤守先生(教士八段)。
ご自身の一人稽古にお役立て下さい。【英語版はこちら】https://youtu.be/UyEPHY6AmQ8

◆一眼二足三胆四力
 ・昔は、二足を二左足(さそく)と言われていた

◆構えのポイント
 ・左足が撞木となるのを矯正する方法
   ⇒ 左足の足指の股を広げると自然と爪先が真っ直ぐになる
 ・構える時のポイント
  - 力を抜いて構える
  - 腰骨を立てる、肩の力を抜く、脇を軽くつける
  - 左足の甲をしっかりと踏む

◆素振りのポイント
 ・振りかぶりは、肘や手首を曲げない
 ・肩関節を使って振りかぶる
 ・打突した時、右拳は右肩の高さに、左拳は乳の高さに

◆器物打ちのすすめ  ・素振り(空間打突)では、無意識のうちに竹刀の打ちを減速している
   ⇒減速しないよう、打込み台や竹刀を使って実際に打つことをお勧め

◆三殺法を会得するには
 ・相手の気・剣・技の三つを制すべしとの教えがある
   ⇒実際にこの三つを同時に制するのは難しい。一つならできる。
    気と剣と技それぞれを瞬間瞬時に切替えつつ制するのはできる

◆「竹刀は刀である」という観念
 ・この観念は個人を縛るものではない。
  むしろ剣道をより広くより深いものにしてくれるはず。

☆次回の動画は、打ったあとの残心などについて勉強したいと思っております。

 


© Copyright 2002-2020 神奈川県剣道連盟 All Rights Reserved.